スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JOの出場選手

やっと、JOの日本人選手が決まってすべての選手の顔ぶれが決まりました。

JO.jpg


やはり、金メダリストは出ませんね。ポイントのつかないのは出ませんよね。

でも、これで私は安寧な気持ちでJOを見ることができそうです。

スポンサーサイト

「ザ・アイス2015」に感激③

今回の「ザ・アイス」は今まで見た中で一番よかったです。

3年前に初観戦でした。その時は今回よりたくさんスケーターが出ていましたが、各個人のEXやSPが主。ダンスバトルや群舞もあり、それなりに楽しかったのですが、今回以上の感動ではなかった。

ダンスバトルは織田VSミーシャだけでしたが、それで十分楽しかったし、何といってもコストナーやロシェットと真央ちゃんのコラボは本当に美しかった。

姉も「コストナーはテレビではそんなにきれいだとは思わなかったけど、生で見たらきれい」だという感想。
そうなんです、姉を誘ったのは真央ちゃんはもちろんだけど特にコストナーが今回出るということで見せてあげたいと思ったからなんです。また、P・チャンに対してもあまりいい評価ではなかったけど見方が変わったようです。(私もかつてはチャンは転んでも勝つから嫌いだった)

3年前、羽生選手が出ていました。4回転で転倒した後、土下座して謝っていた以外記憶にありません。フェルナンデスも出ていました。こっちはつまらない演技する選手だと思った記憶があります。フェルナンデスは次の年からコミカルな演技をしてそれなりに受けるようになりましたが・・・。この人たちがジャンプにばかりこだわったおかげでどれだけ競技がつまらなくなったことか・・・。

アイスショーでは普通3Aや4回転を跳ぶことをしません。それで転倒せず、きれいな演技を見せることができるのだから。ずっと思っていたことですが、演技の素晴らしさというのはジャンプではない。

エンディングではスケーターが観客とのダンスで盛り上がり、周回して終わり。ジャンプ大会もなく、温かい気持ちで見終わることが出来ました。ジャンプ大会で転びまくるのって見たくないです。もちろん、演技中の転倒も・・ですけどね。

姉は本当は大ちゃんの演技が見たかったらしいです。スケオタではないので彼が日本にいないことも知りません。でも、姉のような層でも大ちゃんの演技が見たいって思っているんですね。だから、今回のミーシャの演技はよかったと思います。

連盟に貢献したくないとぶつぶつ文句を言っている私ですが、出場選手によってはまた行きたくなるんでしょうね・・・。



「ザ・アイス2015」に感激②

昨日、記事を書き終えてブログめぐりをしていると、フジテレビ(関東ローカル)の「ザ・アイス2015」の動画がアップされていました。

その番組を見ることのできた人は演技を十分に堪能できたと思います。

大阪楽公演は日本人選手が合宿で抜けていたので、代わりにソトニコワとコフトゥン君が来ていたんです。コフトゥン君は今季のSPを披露してくれました。

ほかに今季のSPを演じてくれたのは、リッポン君とアシュリー。アシュリーが一人で滑った後、この二人がアシュリーの昨シーズンのFSでコラボしたのですが、何か失敗したのか(見てる方にはわからない)アシュリーがやたらに口元を気にしている様子でした。この二人は仲がいいので恋人同士かもと言われていますが、実際はどうなんでしょうね。

昨日、ミーシャのことを話題にしましたが、大ちゃんを感じることができたのはケイトリン・ウィーバー&アンドリュー・ポジェのアイスダンス。何とまあこれが「Kissing you」だったんですね。テレビでは放送されたのでしょうか?これ、本当に感動モノでしたよ。

真央ちゃんは今回「仮面舞踏会」「踊るリッツの夜」「ポル・ウナ・カベサ」それとロシェットやコストナーとのコラボと演技を4つも見せてくれて本当に感激しました。中でも一番の感動は3人のコラボでしたね。本当に短時間で仕上げたとは信じられない。思ったのが、真央ちゃんもきれいだけど、コストナーやロシェットの美しさは甲乙つけがたいものです。女子にしか表現できないプログラムだと思いました。

大阪公演最終日はダンスバトルがおまけでありましたが、織田君VSミーシャの一組のみの対戦でした。結果はミーシャの勝ち。織田君のダンスが別の意味で大受けして、意外と拍手が多かった。

おまけと言えば、真央ちゃんのダンス指導も直々に受けることができて間近で真央ちゃんの顔を見ることが出来ました。

今回、私がもらった最大のおまけを披露します。

P7280523.jpg

エンディングでスケーターたちがボールを投げながら周回したのですが、私は前から3列目だったこともあり、パトリックの投げたボールをとることが出来ました。

拾うと、サインがしてあるではありませんか!! 

思わず「パトリック~!!」って口走ってしまったわ。

今季はパトリックも応援します!!(パトリックのプログラムはビートルズの曲でした。そこでも大ちゃんを感じることができたよ)





「ザ・アイス2015」に感激①

「ザ・アイス」大阪の最終公演に行ってきました。

もう、今までで最高の「ザ・アイス」でした。

オープニングはみんな女性は可愛いドレス姿、男性はスーツ姿で社交ダンス。

途中で3人のピエロが乱入、これはP・チャンとミーシャと真央ちゃん。

ピエロが一人いなくなったなあと思ったら、ドレス姿の真央ちゃんが何と「仮面舞踏会」をやってくれました。

その後、みんなが仮面で顔を覆いながらの演技。これは綺麗だった!!その時に出演者の紹介があって順に退場。

何でも「真央ちゃんのもう一度みたい演技」の5位に仮面舞踏会が選ばれたから今回の披露になったということでした。そして、1位はお楽しみに…だって。

4位が鐘、3位がバラード1番、2位がヴァイオリンと管弦楽のためのファンタジア、だったかな?

1位はピアコンかなと思いましたが、外れでした。


仮面舞踏会の後は、かわいい島田 高志郎君。今回「タブー」の音楽に合わせて色っぽい演技を披露して大受け!
彼は表現力もありますね。神戸で見てからまだ3か月余りなのに成長を感じました。

高志郎君の後、様々なスケーターが登場しましたが、何といってもミーシャの演技はもう感動モノでした!!

ナレーションが「ミーシャがリスペクトしている人のプログラムを披露してくれます」

ひょっとして、大ちゃんのプログラムが見れるの?と思っていたら、まず「Eye」完全コピーではありませんが、ショートバージョンでもう感激しまくり!!
何と、その次「マンボ」・・・これも「ウ~」っていうときのポーズも決めてこれまた会場大受け!!
これで終わりかと思いきや、「スワン・レイク」のあのステップの再現!!!!

絵にしても書道にしても模写とか臨書・・・つまりお手本通りにかくっていうのは基本の勉強になるんですよね。大ちゃんの振りをコピーするのはフィギュアスケートの表現の勉強にはぴったりじゃない?(羽生選手にはできないでしょうね、大ちゃんのコピー。やれるものならやってみて)

・・・さっき帰宅したので、今日はここまで。

他にも感動いっぱいでしたが、それは後ほど。







またルール改悪

誰に有利なルール?…わかるよね。



回転不足のジャンプ基礎点変更 3回転半は引き下げ

 国際スケート連盟(ISU)は15日、2015~16年シーズンで適用するフィギュアの規定を発表し、回転不足と判定されたジャンプの基礎点をトリプルアクセル(3回転半)は0・1点下げて5・9点に変更した。女子では浅田真央(中京大)の代名詞の大技で、3月の世界選手権では初優勝したエリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)が成功した。



 羽生結弦(ANA)ら多くの男子が跳ぶ4回転は、回転不足のトーループが7・2点から8・0点、サルコーが7・4点から8・1点に引き上げられ、対照的なルール変更となった。(共同)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。