スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

又吉の「火花」が芥川賞だって

まあ、ちょっとは可能性ありかなとは思いましたが、無理やり押し込んだって感じです。

こうなると少しは本が売れるものね。

でも、アマゾンのレビューが酷すぎて読む気が起きません。

いい本だとかなり高評価になるはずだから。

世の中、だんだん胡散臭さが増しますね。しかも、あからさますぎてみんな信じなくなるわ。

スポンサーサイト

国民の多くは池上彰に騙されている

池上彰・・・今や彼は超売れっ子。政治経済について落ち着いた口調で話す彼。


私もかつて子どもと一緒にNHKの「週刊子どもニュース」を見ていた時期がありました。そのころはNHKのだめっぷりもわかってなかった。


NHKを退社後もいろいろな番組で引っ張りだこ。


先週火曜日の「5時に夢中」の夕刊ベスト8の第8位に池上彰の記事がランクイン。


タイトルは「池上彰頼みのテレビ業界 弱腰事情」


アシスタントの内藤聡子が新聞記事を読みあげます。


「池上彰さんが司会を務める特番が民放テレビで相変わらず増えています。


先週末のテレビ東京の特番では自民党議員の『メディアを懲らしめる』といった発言を民主主義の基本に置いてあり得ないことと断罪するなど、硬派な話題に切り込む姿勢が視聴者の支持を得ているとのこと。


しかし、池上頼みの最大の理由は危険な発言の責任を池上さん本人にとってもらい、自局のキャスターや記者への批判を避けようとするテレビ局の弱腰の姿勢にある、と記事は伝えています。」


(・・・・・結局、テレビ局の人たちが勉強不足なんじゃないですか?だから反論もできない)


レギュラーコメンテーターの北斗晶が池上彰の番組に出ていたらしく、


「本当に勉強になるよ。」


岡本夏生が続けて、


「世界で一番好きな人。ものすごい説得力ね。声がいい。


喋りもゆっくりと、おじいちゃんおばあちゃん、耳の遠い人、私のように勉強できない人、小学生からみんな見てもわかる、こういう先生が学校にいたならば日本はどんなに変わったでしょう、と。


テレビほとんど見ないんだけど、池上さんが出ていたらそこでフリーズして見ます。」


・・・・と手放しで褒めちぎる。


北斗晶も影響力が多大。


岡本夏生、気の毒にあのしゃべりに騙されてるよ。



池上彰の全てが間違いじゃない。


しかし、彼はもう芸能人のくくりなんですよ。


局の意に沿うように喋っているとしか思えないんです。


ちょっと前にネット上で話題になりましたが、これ。


完全に嘘でしょう。








その反応




こうやって、日本国民は騙されていくんです。







老いることをやめた吉永小百合

先日、日本アカデミー賞の授賞式がありましたね。


見ていると、毎年同じようなメンバー。



その中でまたかと思ったのが吉永小百合。


この人の演じるのはいつも同じような人物ですよね。


汚れ役なんか見たことがない。(ありましたっけ?)


いつも賞の常連。でも、どこが名女優なのか私にはわかりません。


私が物心ついた時からテレビや映画に出ていましたが、イメージは昔と同じ。




多分10代。美しいですよね。





結婚したころでしょうか?





最近の吉永小百合


これほどまでに年をとらない人はいないんじゃないでしょうか。


もうすぐ70歳ですよ。


見えません!!



前はそれをすごいことだと思いましたが、逆に不自然に思います。




昨日見た倍賞千恵子、すっかりおばあさん役がはまっていました。


こういう年のとり方をすれば、吉永小百合もいろいろな役ができたでしょうね。


でも、本人としてはおそらくそういうところは狙っていなくて、年より若い役をいつまでもやっていきたいんでしょう。


ここまで来たら、何歳まで今のような感じで演じられるのか見てみたい。



次は山田洋二監督と組んで戦争がらみの映画を撮るそうです。サヨクの監督とは気が合いそうですね。














ついに桑田佳祐が謝罪!

年末の紅白に始まって、ライブでも日本の旗にばってんをつけた映像を流したり、紫綬褒章をオークションに出すようなパフォーマンスをしたり、あの人いったいどうなってんの?


・・・って思っていたら、事務所前で抗議を受けていましたね。


ついに事務所が謝罪しました!! 


http://www.sankei.com/entertainments/news/150115/ent1501150011-n1.html


http://www.sankei.com/entertainments/news/150115/ent1501150012-n1.html




最近は、やったことでファンが離れていくんですよ。日本を貶める行為は嫌われる。



サザンは紅白歌合戦には長い間出ていませんでしたよね。ちょっと忘れましたが、紅白でやったことが問題視されて以後出なくなったんですよ。


かつてはお堅いNHKでしたね。今や民放と何ら変わりがない。これで、受信料とるんだから質が悪い。


年末の紅白での放送時間はサザンオールスターズが一番長かったそうで、気に入られぶりが半端ないですね。


時が経って、NHKの首脳陣がきっとサザンの「ピースとハイライト」の曲を気に入ったんでしょう。これ、多分昔だったら歌ってないと思いますよ。だって、たばこの銘柄だもの。NHKは宣伝しちゃいけないことになっていますもの。


ところが、実際はうまいこと隠して宣伝しまくっているんですよね。


以前記事にしましたが、韓国の自動車やテレビやスマホ、はたまた韓国系企業のイオンなどを番組内でそっと見せるんですよ。


まあ、NHKに好かれているという事実だけでサザンオールスターズがどんな思想なのかわかります。


長渕剛もどうして紅白に出たのかわかりませんでしたが、韓国の人たちをコンサートにご招待したことがあるそうで・・・。まあ、彼もNHKに好かれている人ということが理解できました。



フジも汚染されていますが、NHKの汚染ぶりは目も当てられなくなっていますね。





再ブレークは人気と関係ない

最近、「再ブレーク」って言葉がよく聞かれます。


さっき太川陽介が再ブレークって言ってました。


何やら、最近人気が出てレギュラー番組をいっぱい持っているんだとか。


そんなに太川陽介のことを好きな人っているんですか。こういう言われ方が不思議で仕方ない。



他にはヒロミとか大原かおり(?)も再ブレークって言われていましたが、確かにヒロミは最近よくテレビに出ていますよね。


でも、はっきり言ってヒロミがいなくなっても気が付かなかった。


頻繁に出てもそれは人気が再燃したわけではないと思います。



テレビの露出が減るのは人気がなくなったからではなく、事務所との関係とか本人の仕事に対する姿勢でしょう。


ヒロミがテレビに出ると、私なんかは逆に「また出てる」と思います。



大原かおりに至っては、すっかり忘れていました。しかも、そんなにテレビに出てもいないのに「再ブレーク」??需要はないと思いますけど・・。




どこもかしこも、ごり押し人気ですね。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。