スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

織田君、「マルコ・ポロリ」で爆笑エピソード披露

昨日、買い物から帰ってみると娘が


「織田君、マルコポロリに出てるよ、おもしろいよ」って言うので見ていると、爆笑エピソードの数々。



織田君は、中学生の時骨折したのはスケートと全く関係なく、階段の一番上から落ちたから。


「泣き虫キャラだが最近何で泣きましたか?」との質問に


「ドラえもんで泣きました。」


「キス・アンド・クライって言うんですが、僕はいつもクライでした。」


他にもおもしろいことばかり。


・ファンの間ではザヤることを「おだる」と言う。(知らなかった)


・朝、起きたらジャンプが跳べるかどうか分かる。


・モロゾフコーチについていたが、彼は女子ばかり熱心に指導していた。


・安藤さんと僕の指導比率は9:1だった。


一番の爆笑は


スピンの最中はよくおならをしている。


しかも、スピンはぶれないで同じ位置でしなければならないので臭くて困った。


彼って最近、よくテレビに出演していますが、かわいらしい性格がよく表れていますね。


引退理由については


「体力的にはまだ大丈夫なんですけど、下から選手が出てきているので・・・」って言葉数は少なかったけど、正直に述べていました。


そうですよね。まっとうに評価してくれなくなったものね。(彼も被害者)



彼のキャラはテレビ的にすごく受けがいいと思いました。


現役の時には、正直泣き虫イメージが好きではなかったのですが、最近の彼は私の中では好感度抜群です。


これからもテレビに出てほしいですね。

スポンサーサイト

織田選手の引退

今季いい演技をしていた織田選手。


四大陸選手権の出場を辞退しての引退。


大ちゃんがオリンピックに行くのは嬉しいけど、こういう形で引退するのって・・・。


競技を続ける意味を見いだせなかったって事でしょうね。


ジャンプが一つ抜けても全く点数に影響のない選手が日本に出現したことで、精神的にきつかったはずです。


それは、大ちゃんだって、小塚選手だって同じでしょう。



こんな中で技を磨いても評価されないんだったら、競技するのってつまらないですね。


少し休んで、今度はいい指導者として頑張ってほしいと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。