スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TVのスポーツ観戦いろいろ

昨日はNHKの総合で全豪オープンが見られるってことで相撲を見たり、テニスを見たり大忙し。


白鵬は強かったですね。ほかの力士が弱いのかな。もし朝青龍が引退を遅くしていたらこれだけ白鵬も優勝できてはいなかったと思いますよ。


今場所は負け越した逸ノ城。昨日は水入りのすごい試合を制して、拍手が鳴りやみませんでした。面白かったですね。


全豪オープンの方はというと、錦織選手は第一セットをとられたんで、ちょっとハラハラドキドキしましたが終わってみると圧勝でした。錦織選手の試合が楽しいのは、こんなところでこんなショットを打つのかっていう意外性とその技術ですね。相手に決められたかと思うと、逆に決めてくるという・・。


試合のギャラリーを見ると、日本人の多いこと。これほど日本人がいるのはすごいですね。そして、びっくりなのが外国人の中にも結構錦織選手のファンが多いということ。彼の人気は世界規模になりました。


準々決勝がまた楽しみです。


さて、今はウィンタースポーツの大会があちこちで行われています。金曜日のスノボーのパラレル大回転の世界選手権、これ、テレ東でやっていたんですよね。


これには竹内智香選手が登場していて、惜しくも銅メダルでしたが、面白い試合でした。解説の荻原次晴さんが興奮しまくり。準決勝では0.3秒差で負けてしまい、3位決定戦になったんですけど、この試合はタイムレースではなく1対1のガチンコ試合だということが最大の見せ場。


コースは二つあって、その選択権は予選での成績のいい方が選べるということ。竹内選手は準決勝でと3位決定戦では選んだコースが異なっていました。


コースの途中でミスした方が結局負けるというこの試合、最後までわからないところが面白かったです。


ソチで銀メダルをとった時に彼女、この競技を選んだ理由の一つに採点競技は嫌だって言っていたんです。この言葉は忘れません。やってきたことがそのまま成績に出る競技の方が絶対にいいですよね。


・・・で、この競技の世界選手権初のメダルという快挙だというのに扱いは小さく、新聞記事の隅の方にちょっと載っているだけでした。


テレ東の番組で荻原さんが「ウィンタースポーツは素人でもわかりやすい」みたいなことを言っていたのですが、それは多分このようなスノボやスキーについてでしょうね。


スノボのビッグエアで角野選手が3位になっていましたが、「ミスがなければ金だったかも」とコメントしていました。採点競技でもミスで順位が下がるから素人にわかりやすいのであって、ミスしまくりの選手が表彰台に上がる採点競技はルールがおかしいとしか思えません。


相撲にしろ、スノボにしろ、技術のある選手が優勝するという方が見ていて面白いと改めて思いました。







スポンサーサイト

悔しいね

体操の世界選手権、日本が0.1点差で逆転されて二位。


選手たちの表情から、納得いってないですね。


解説者の


「これが中国で開催でなかったら・・・。」


これがまかり通るのが採点競技。


体操はまだいい方だと思っていましたが、日本の点は低く抑えられていたように思います。


選手たちはアジア大会を二番手に任せてこれにかけていただけに本当に悔しいですね。



今日もすごかったパンパシ水泳2014

今日もパンパシ水泳2014は日本人大活躍でしたね~。


特に男子200m個人メドレーは最後までドキドキしました。


結果は萩野選手がフェルプスと0.02秒差で優勝!!


瀬戸選手は4位と思っていたら、最後の追い上げで4位の選手と0.11秒の差をつけて3位になっていました。


萩野選手があの怪物フェルプスに勝ちました!!


萩野選手はエントリー種目が多くて、疲れていたはずなんです。かつてのフェルプスと同じ状況。


昨日は200m背泳ぎで8位と惨敗していたので、今日こそは思っていたにちがいありません。



ほかにも男子200m平泳ぎで小関選手が優勝、女子200m平泳ぎで渡部選手が優勝とかつてないくらいのメダルラッシュ。


すごいと言えば、アメリカの17才、レデッキー選手が世界新を連発。今日の女子1500m自由形では他を寄せ付けない(下位の選手と100mの差がつくくらい)圧倒的な速さで15分28秒36という自身の世界記録を破る記録で優勝。


一昨日の400mでも3分58秒台で泳いでいたんですよ。すごいですね。




話はそれますが、水泳選手も綺麗な選手が多いですね。


女子平泳ぎの渡部香生子選手は本当にかわいい。


男子自由形の中村克選手がめっちゃイケメンでした。


これを見ていた娘も「めっちゃ、爽やか~」と気に入った様子。「こんな彼氏を見つけられるといいね」と言うと、主人が「こんなイケメンはもてそうで心配」・・・だって。


ロンドンオリンピックとは選手ががらっと変わりましたね。男子200m平泳ぎの世界記録保持者、山口選手はどうなったんでしょう。



興奮したパンパシ水泳2014

一昨日から始まったパンパシ水泳2014で日本人選手が活躍しています。


昨日、テレビで男子400m個人メドレーと男子自由形200m×4リレーを見たのですが、特にリレーはすごかった!!


第一泳者の萩野選手が一位でつなぎ、第二泳者の坂田選手はフェルプス選手がいたにもかかわらず体一つ分リードを保ち、続く第三泳者の小堀選手はいったんはロクテ選手に抜かれるも後で抜き返し、最終泳者まで一位をキープ。


最終泳者松田選手は途中で抜かれていましたが、また抜き返したように見えました。しかし、最後のタッチでわずか0.13秒差での二位。


これは金メダルか!?とも思いましたが、本当に大健闘でした。


今までアメリカと肉薄したことはなかったです。しかも自由形ですよ。


これだから、タイムレースは見ていてわかりやすく、気持ちがいいですね。


400m個人メドレーと200m×4自由形リレーに出場した萩野選手のインタビューは大変立派で、これまた脱帽。


わたしたちが若いときに選手や芸能界の人もこんなに饒舌ではなかったです。


ほかにも男子100m平泳ぎで小関選手が優勝。


水泳競技はますますこれからもいい選手が出てくると確信しました。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。