スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK杯チケット即完売

今日は、NHK杯の一般発売の日でした。


午前中の用事を済ませ、正午に備えました。


が、しかし、つながりません。


その4分後くらいにつながりましたが、「予定枚数終了」の表示が・・・。



以前も全日本フィギュアの一般発売で全くつながらない状態でした。


その反省から、ぴあの会員になったのに・・・。



この感じでは、全日本もGPFももちろん世界選手権も、日本国内で行われる試合は、ことごとくチケット入手ができない状態になりそう・・・。


仕方ないです。


今年もテレビ観戦で我慢します。

スポンサーサイト

NHK杯のチケット入手困難

今月になって、NHK杯の先行予約が行われています。

eプラスの抽選に2回ともハズレ。3回目の先行予約をするかどうか迷いました。

そうこうするうちに、チケットぴあから先行予約のお知らせが・・・。

当選発表の日が異なるので、eプラスの方はやめにしました。

以前、全日本フィギュアのチケットが入手できなくて、ぴあのプレミアム会員になった私。

今年の四大陸選手権のチケットは当選したので、ひょっとしたら、ぴあの方は当選するかもと思い、ぴあ一本にかけました。

抽選結果がわかるのが今日でした。・・・・でも、残念ながら駄目。

私は、何のために会員になったのでしょう。


何のために年会費払ったのでしょう。


そう、すべては真央ちゃん・大ちゃんのため!

明日の正午から、一般販売があります。

例によって、アクセスできない状態になり、つながったと思ったら、完売といういつものパターン?

今年は、真央ちゃん・大ちゃんの最後のNHK杯なので、是非とも見たいという人がたくさんいるのでしょうね。

でも、とにかくトライしてみます。

インコ味・こけし女子って何?

最近の流行もので、「インコ味のアイス」が紹介されていました。



インコの味って、どういう物でしょうか?



鶏臭いっていうのは何となく分かりますが、インコを食べたらどんな味がするのでしょう。



ブームを起こそうとしているのはわかるのですが、食べたいとも思わない味ですね。




またまた、こけし女子などという女子も出現しているそうで、ある意味エロいですね。


本当にブームはあるのでしょうか。


若い女の子が、


「こけしが好き」


なんて、大きな声で言えませんよね。


ブームなんて、もう要らないわ。




警官なぐりが流行る中国

中国では、今警官すら市民を取り締まることができにくい出来事が次々に起きています。




今日の産経新聞に掲載された石平氏の記事「China Watch」によると、


・ 10日、四川省で女性教師の姉が、交通違反したことで警察に止められたところ、同乗の女性教師が車   から降りるやいなや、警官に平手打ちを数発食わせた。


・ 11日、福建省で、無免許運転の上、クラクションをむやみに鳴らしたことで警官から取り調べられた女性は二人の警官に果敢に攻撃し、股間まで蹴り上げた。


・ 11日、広東省では、100人あまりのチンピラが乱闘しているところに5人の警官がパトカーでやってくると、チンピラは乱闘をやめて、パトカーを包囲。警官たちをつまみ出して暴行を加え、パトカーをひっくり返して破壊した。


国の中では、不満が溜まりまくっている様子ですね。



・・・石平氏曰く、


「政治権力そのものに対する人々の不満と敵意が中国社会に充満している。


今の中国では、秦の始皇帝以来の威圧的な専制政治がそろそろ終焉を迎えようとしている。」


とのことでした。



経済の崩壊は、国内の崩壊を加速させそうですね。

「はだしのゲン」の閉架を撤回

松江市は結局、市民団体の難癖に屈した形で「はだしのゲン」の閉架を撤回しました。


一連の報道は、真実を伝えるものではありませんでした。


一般の人から見ても、今回の撤回が当たり前だと思って喜んでいるでしょうね。



私の義姉も制限はおかしいと言っていました。原爆のシーンが問題だと思っていたからです。


大方の人はそうやってマスゴミに騙されています。




マスゴミは、中国・韓国の味方なのです。


同じ思想の団体及び政党を良いように宣伝しているのです。


左翼政党を支持し、自民党や維新の会を貶める報道をします。


「はだしのゲン」は、日教組・共産党お墨付きのマンガです。


だから、大好きなのです。


原爆投下は、日本が悪いことをした報いだと書いているマンガです。


それが、子どもに見せて良いかどうかを話し合って決めたはずのものを撤回する行為は、結局自分たちの行為に自信がないか、市民団体がやくざまがいの行為をして脅しているかどちらかです



市民団体は、きれい事を言ってもすることは嫌がらせですからねえ・・・。


今回も残念な結果となりました。



パン事務総長・韓国の言い分を後押し

もう、あきれかえっています。


韓国を訪れている国連のパン・ギムン事務総長は、26日、ソウルで


「歴史認識の問題や政治的な理由のために緊張関係が続いていることを遺憾に思う」

「日本政府や政治指導者らは、とても深くみずからを省みて、国際的で未来志向のビジョンを持つことが必要だ」と述べ、日本側の姿勢に問題があるという考えを示しました。



国連事務総長は、立場上韓国の言い分を支持するようなことを言っても良いのでしょうか。


歴史認識、歴史認識と何度も言いますが、


日韓基本条約を守らない態度や、


竹島を実効支配して、たくさんの漁船を拿捕して、日本人の漁民を半殺しの目に遭わした罪


慰安婦問題を捏造して日本から金を巻き上げようとする怪しい婆さんや、


オリンピックやワールドカップで審判を買収して勝利をもぎ取ったり、


サッカースタジアムを建ててほしいと言って日本にすがりついて建てて貰ったのに金を返さないとか、


対馬で仏像を盗んだのに返さないとか・・・


他にも、ベトナム戦争でさんざんベトナム人を虐殺した罪もありますが・・・



戦後、日本は韓国ほど悪いことをしたでしょうか?


何かにつけ、ゆすりたかりをする民族より日本人が悪いなんて、中国人と朝鮮人以外言っていません!!


国連の事務総長でさえも、買収してそのスポットについたのでしょうか。



もし、そうでも現在の立場上そんなことを言うのはおかしいです。



こんな人、不向きなのでさっさと辞めさせるべきです。



スマホ待たせない選択でいじめ回避を

今日の産経新聞に、LINEを使ったいじめが深刻化しているという記事が出ていました。


そもそも、ケータイでもそういう問題がありました。


今は、LINEいじめだそうです。元々は、何か緊急を要するときにこういうものを使うのに、中・高校生は、暇つぶしにこういうもので会話しているのです。


中学生からこんなことばかりしていると、勉強にも身が入らないでしょう。


要らぬことで神経を使って、挙げ句の果てに自殺なんて・・・。




我が家は、だれもスマホを所有していません。


LINEって何?  韓国系でしょ?


なくても全く困らないし・・・。



スマホなんか持たせないに限ります。


統計見ても、中学生では持っていない子の方が多いんですから・・・。


持っていたら、勉強などしない子になりますよ。


学校の先生も学業以外にすべきことが多くて、気の毒になります。


それもこれも、マスゴミが教師の立場を悪くしたからです。今の教員は、何かにおびえながら働いているとしか言い様がありません。


駄目なことを駄目だと言いにくい時代になっているのです。



それにしてもホント、今の子は大変。


私や主人の子ども時代は、いじめ問題なんかニュースにならなかった。


せいぜい、非行問題。(シンナー遊びや、暴走族。それは、ごくごく一部の人間に限られていた)


いじめはあったけど、小学生時代でそれは大体終わり。中高生は悪口は言っても、行動なんかしなかったものです。親に迷惑がかかりますからね。


今日もNHKでいじめ問題の番組がありますが、現状を訴えていじめがなくなるとでも思っているのでしょうか。


NHKさん、中韓による日本いじめを社内で問題視してくれませんか。それと、受信料強制徴収による庶民いじめも・・・。

アメリカ・ブエナパーク市が慰安婦像設置しないことを決定

Chris Ryouan Miyakeさんの、フェイスブックによれば、


「当初、ブエナパークの公聴会が9月10日だと思い、仕事を休む事にしていた。しかし、副市長の韓国系を除いて、市長を含めた市議たちが、面倒に巻き込まれたくないと「慰安婦像」設置に反対声明を表明した。これも多くのメール攻勢と署名運動だ。おかげでこの日は仕事に戻れる!」


https://www.facebook.com/ryouansensei/posts/10200443758956504

・・・ということで、良識ある人達のおかげで、阻止できたようです。



アメリカで、日系人の方が多くの声を上げてくれています。


当然、日本ではこのニュースはスルーでしょうねえ。



それにしても、これは良いニュースです。

24時間テレビ、もう潮時

24時間テレビが昨日から始まっています。


この番組が始まった時、私は高校生でしたが、ひねくれた私は当時から好きではありませんでした。


当初は、障害者のドラマやマラソンはなく、だらだら各地の募金活動なんかを挟みながらやっていたように記憶しています。


24時間テレビで集めたお金で障害者用の車を購入していたように思います。



その頃に比べて、障害者を取り巻く環境や福祉制度は飛躍的によくなったと思うのです。


障害者を悲劇の主人公のように描くドラマや、タレントが意味なく走る姿を見たいと思いません。


常々放送されている番組が見えなくなるのも嫌です。


今日は、本来なら放送される「たかじんのそこまで言って委員会」がありません。


24時間テレビでは、タレントの高額なギャラが問題になっているそうですが、確かにそんなお金が発生するくらいなら、募金にまわすべきですよね。


27時間テレビも24時間テレビもやめればいいのに。


場つなぎ的に行う素人的なタレントのステージも不要!!


テレビ業界の堕落だと思います。




優れた道具は今も現役

最近、娘が文化祭に着る衣装を作らなければいけないと言って、裁縫の苦手な私は、主人にお願いすることにしました。


主人は、2か月ほど前に孫に甚兵衛を作ると言って、本当に仕上げた実力の持ち主。


何やら裁縫が気に入ったようで、今回も進んでやってくれました。


糸切りばさみ(和ばさみ)を当然使うわけですが、娘が使っていた裁縫セットのはさみは、まだ7年くらいしか経っていないというのに、全く切れません。


そのことを私は知っていて、主人に古い方がよく切れることを教えました。



古い方は、私が小学校高学年の時に学校で共同購入した裁縫セットのものです。


何と、購入から40年以上経っています。なのに、切れ味は変わりません。


このはさみは多分、いや、絶対日本製です。



最近、日本の技術は凄いということをよくテレビでやっていますが、たかだか小学生の裁縫セットですが、昔からの日本の技術力を感じました。



今は、とにかく安ければよいという風潮の中で、子どもたちによい道具を持たせたい親は減ったと思いますが、日本人がいかに誠実に仕事をしてきたかがわかります。


消耗品ならともかく、日常的に使う道具は日本製に限るなあと感じる出来事でした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。