スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界ジュニアを生放送

まあ、どういう風の吹き回しでしょうか。


いくら日本でフィギュアスケートに人気があるといっても、今まで世界ジュニアを地上波のテレビで生放送ってないですよね。


http://www.fujitv.co.jp/sports/skate/archive/2015022701/index.html



http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2015/i/150227-i035.html?utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed%3A+torefuji+(%E3%81%A8%E3%82%8C%E3%83%95%E3%82%B8%E6%96%B0%E7%9D%80%E6%83%85%E5%A0%B1 )




優勝した場合・・・優勝特番。(ってなんだか、おかしくない?普通こんなこと書きますか。)


もちろん宇野選手には優勝してほしいですよ。でも、最初から番組を作っているところが八百長くさいじゃないですか。




生放送だから深夜になるんですけど、ここまで樋口新葉選手や宇野昌磨選手をプッシュするのは何やらスケ連には相当な焦りがあると感じました。


スケ連が注目させたい選手がもうジュニアの方に移ってるってことでしょうか?



引退選手の方に注目が集まって、アイスショーでもすごいことになっているという現実を見ると、連盟としては大誤算ってところでしょう。現役シニアでは集客できそうもないと判断したのか、ジュニア世代の選手を大々的に取り上げて、つなごうという作戦でしょうか。


自然にしとけば、ついて来るものはついてきますよ。それがまだわからないんですよね。





スポンサーサイト

医学の常識はころころ変わる

今朝のあさイチで、食品に含まれるコレステロールの摂取量は気にしなくてよいということを紹介していました。


今までは一日300mg以下がよいとされていましたが、この数値以上のものを食べても問題ないというのです。


アメリカでの研究により、生活習慣病と食品コレステロールの因果関係がなかったことからそうなったということでした。





医学に関しては我々の常識を覆すことが頻繁に行われています。


先週の「ビーバップ・ハイヒール」でも医学の新常識ということでいろいろと紹介されていましたが、びっくりしたのは、


○プールの後の目を洗うことは良くない。


○摂取カロリーを制限しても、長生きしない。


○長生きする体型は小太り。痩せ形は肥満型より短命。


○風邪をひいているときには汗をかかせてはいけない。


○「食後」と書かれた薬は食後30分程度たってから飲むのが良い。


○日本皮膚学会が認めた発毛剤は効く。


○薄毛のタイムリミットは5年。(毛根がなくなってしまう)


○炭水化物=太るはまちがい。冷たい炭水化物は脂肪がつきにくく、便秘解消に良い。(温度は4~5度がよい)


○14時台に昼食をとると太りにくい。


○朝食に甘いものをとると痩せやすい。


○コーヒーは最高の健康飲料。一日に3~4杯飲むと、脳卒中のリスクが減る。


○シジミは二日酔いには効かない。食べるのなら月見うどん。


○がんは遺伝ではなく、生活習慣。


○座っている時間が長いとがんになりやすい。


○背の高い女性は乳がんになりやすい。


○サラサラ血でも心疾患・脳血管疾患の発症リスクには差はない。


・・・・などとこれまた、驚きの多いこと。




今週、坂東三津五郎さんが亡くなりましたが、歌舞伎界はどうしてこのように短命の方が多いのでしょうか。中村勘三郎さんの時も思ったのですが、がんを治療したら放置した時より早く死ぬんじゃないかと感じました。


がんは治療しないのがいいなんてことを言っていた方もおられましたね。



とにかく医学の常識はころころ変わりすぎて、何を信じていいのかわかりません。


気にせず、伸び伸びと暮らしていく方がいいんじゃないでしょうか。











ついに大ちゃんの切手が出る!!

さあ、大ちゃん切手発売だそうですよ。


日本郵便さんも理解できたようですね。



http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2015/02/25/kiji/K20150225009871900.html



高価ですね。真央ちゃんの時より高い!!


それでもファンは殺到するでしょうね~。






http://www.post.japanpost.jp/notification/pressrelease/2015/00_honsha/0225_01.html



Shall we?で大ちゃんの人気を実感

先週購入したグリコの「Shall we?」


すごい人気ですね。


私が買ったスーパーでは商品がほぼなくなっていました。


そして、全国の大ちゃんファンのみなさまも購入するのに困難をきたしている様子です。



店に買いたいものがないときにする方法として通販がありますね。


Amazonではどうなのか見てみると、ありました。


そこでもエクセレントを5個組で売っているのが品切れ!!


http://www.amazon.co.jp/s/ref=a9_sc_1?rh=i%3Afood-beverage%2Ck%3A%E6%B1%9F%E5%B4%8E%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%82%B3+%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB%E3%82%A6%E3%82%A3+%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%88&keywords=%E6%B1%9F%E5%B4%8E%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%82%B3+%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB%E3%82%A6%E3%82%A3+%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%88&ie=UTF8&qid=1424731324


これはどう見ても大ちゃん効果ではないでしょうかね。




与那国島の住民投票結果

昨日、与那国島の自衛隊配備を承認する住民投票が行われました。


結果は賛成派が多数。


良かったです。


でも、この住民投票の結果にかかわらず、自衛隊を配備することは決まっていたようですけどね。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150223-00000000-okinawat-oki


あえてこのような住民投票をして、反対派がどうにかしてやろうという目論見は避けられた結果になります。


全国ニュースではこの問題は全く流れていないような気がしますが、あえて放送しないんでしょうね。




あえて放送しないと言えば、今日の国会で例の尖閣諸島の地図が出るらしいんですけど、NHKったらいつもはその時間帯に放送するのにあえて(?)放送しないそうです。


NHKのスタンスがわかりますね。



http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-1929.html

田母神俊雄氏にがっかり

政治資金流用疑惑の田母神俊雄氏。


やっと昨日チャンネル桜の水島さんの番組を見ましたが、本当にがっかりしました。


田母神氏に離婚の話が出ても、政治をちゃんとやってくれる人だったらいいと考えていましたが、今回のことで田母神氏の政治手腕は全く期待できないと思いました。




事務局長をしている人は先輩らしいのですが、この人に通帳やキャッシュカードをそのまま渡してチェックもしない。


気づいた時は都知事選の後だったそうなんですが、その時点でどうにかならなかったんでしょうかね。


事務局はお世話になった人にお金を渡すようなことをやっていたようだし、高級コリアンクラブに出入りしては豪遊していたようです。しかも、その中で朝鮮語で歌を歌っていたって・・これ怪しすぎでしょう。


いかにも「あんたのことを応援しているよ」ってふりをして、実際はあっち側から送られてきた工作員じゃないんですか。そうじゃなきゃ、高級コリアンクラブなんて行きませんよ。


支持者が最も嫌うようなところじゃないですか。


寄付した人にとって日本の明日を変えてほしいくらいの思いだったと思いますよ。



田母神氏にとって政治家になることは何なのでしょう。


現役中に論文を書いて物議を醸しました。しかし、内容は正論だったため、おそらく日本全国から支持を集めて、人気が出た。本人は政治家なんて目指してはいなかったと思うのですが、担がれて選挙に出るようになったのではないでしょうか。


私は選挙に出ることは嬉しかった。落選させる都民が愚かだとも思ったほどです。でも、もう気持ちがなえてしまいました。


まあ、普通はこれでおしまいって思うところでしょうが、懲りずに次の参院選に出ると会見で言っております。


離婚騒動でもいろいろ書かれたのに、これからはもっと週刊誌に書かれるでしょう。これで、信用回復なんて無理だと思います。


全国の保守派ががっかりしているでしょうね。




最後は号泣「アメリカン・スナイパー」

久々に映画を見てきました。


今日から封切された「アメリカン・スナイパー」です。


クリント・イーストウッドが監督、近々発表されるアカデミー賞に6部門ノミネートされたということで久々に見たいと思った映画でした。


主人公はクリス・カイル。イラク戦争に4回も派遣され、敵兵士を160人狙撃したアメリカの英雄です。


ストーリーは彼自身が書いた本を元に作られています。


まあ、実際にこんなことがあったんですねって驚きました。その理不尽さに・・・。


あまり書くとネタバレになるのでやめにしておきますが、最後は号泣してしまいました。


映画館で見ると本当に戦地にいる感覚になってしまい、その過酷さは身に沁みます。


その中で仲間を失ったり、砂嵐の中命からがら逃げ惑ったり・・・。


同僚が次々に除隊する中、4回も派遣されたクリス。日数にすれば1000日に及びます。


本人は「祖国のために」と言ってイラクに向かい、狙撃をする。






イラクの人たちからは懸賞金までかけられて、一番の敵とされていました。


ただ、私には彼を任務を遂行した一軍人にしか見えませんでした。そして、家庭ではいいお父さん。


映画って基本的に主人公が相当の悪でない限り、主人公の味方になってしまいますね。


いっしょに見に行った主人は「全くアメリカ中心に考えている映画で共感できない、ちっとも良くなかった。」という感想。




ただ、思ったのが日本とアメリカの差。


戦地で160人殺した人に対して、日本人だったら英雄扱いしないでしょうね。


マスゴミからバッシングされまくって、それこそ精神に異常をきたすと思います。
















テロリストの一生

日本赤軍の城崎勉が逮捕されました。


私はこの人物について全く知りませんでしたが、ダッカ事件で(福田総理の超法規的措置)によって釈放されて、そのあと悪事を働き、アメリカで有罪になっていたんですってね。


このたび、日本に強制送還されたところを逮捕。


http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150220/t10015619201000.html




テロリストになった人の一生はテロリストであるしかないんでしょうね。


洗脳されるのは決まって若いとき。


日本赤軍の事件でも、オウムの事件でも若い人が勧誘されてその中に入りこむ。


途中で洗脳が解けて逃げようとすると、殺されるから逃げるに逃げられない。


結局はその中で生きるしかないんでしょう。



昔、過激な活動をしていた人でうまく乗り越えた人は政治家になっていますよね。


昨日、国会で代表質問した女の人、そして「テロ政治家」と言われた人。


元をたどれば、みんなサヨク思想にどっぷりつかった人たちです。















与那国島の住民投票

与那国島は日本最西端の国防上大変重要な島。


ここで、22日に住民投票が行われます。


何のためかというと、自衛隊を常駐させるか否かという大変重大な住民投票です。


この住民投票に参加できる住民とはどういう人たちか。


選挙権をもった人は当たり前ですが、それ以外に投票できる人がいます。


何と、永住権をもつ外国人と中学生以上の島民。


わざわざ判断のできない子どもや、日本のことに外国人を介入させる意図はなんなのでしょうか。




いつもどこかからやってくるサヨク。


ここにもその力が大きく働いているんでしょうね。


明後日にはその結果が出ますが、衆院選でも不正選挙がありました。




悲しい結果にならないように祈るばかりです。


http://www.sankei.com/politics/news/150217/plt1502170042-n1.html



まっちーがPIWに出るそうです

全日本を最後に引退したまっちー。


引退後ショーには出るということでしたが、早くも4月に復帰だそうです。


http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2015/02/19/kiji/K20150219009837430.html


この記事には新プロが披露されるようなニュアンスで書かれていますが、実際はどうなんでしょう。


試合が茶番ということが身に染みた今シーズンでしたが、やはりまっちーにはさいたまワールドで優勝してほしかったですね。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。