スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インターハイで大嶋選手が2連覇

一昨日から和歌山でインターハイ陸上が行われています。

昨日は男女100mが行われました。

まず、女子は予選記録の一番いいエドバー・イヨバ選手が自己ベストで勝ち、2連覇を果たしました。おめでとうございます。

昨年は誰が勝つのかわかりませんでしたが、今年はエドバー・イヨバ選手が頭一つ抜けていたという感じでした。

そのあと、注目の男子100m決勝。注目はサニブラウン・ハキーム選手ですが、東京高校の大嶋健太選手は2連覇がかかっていました。スタートから順調に走る大嶋選手をどんどん追い上げるハキーム選手。最後は微妙なところでしたが、大嶋選手が勝ちました。しかも向かい風0.8mの10秒29の自己ベスト!!大嶋選手はいちばんの大舞台で最高の走りができて良かったですね。
感極まって涙目の大嶋選手。おめでとうございます!!

ハキーム選手は今季一度も負けていないので、してやられたという苦々しい表情でした。

この記録に、この連覇に対してマスゴミの報道はハキーム選手のことばかり。
普通は優勝者をたたえるところなのに、ハキーム選手が負けたと報道します。もっと優勝者を取り上げてもいいと思うんですけど。

一時、石川遼選手のことばかり報道して優勝者のことはスルーだったことを思い出しました。

それで気になるのはこの二人のうち、国体少年Aの部でどっちを選ぶのかですよね。選考は難しいと思います。他の県なら贅沢すぎる悩みですね。


昨日は女子400mの石塚晴子選手もすごかったです。これまた自己ベストで優勝。彼女はこれに加えて400mHに800m、リレーの優勝を狙っています。予選から次々と走らなくてはならないので、その体力たるや、尋常じゃないです。

NHKの放送は昨日と今日だけですが、結果には毎日注目していきたいと思います。





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。