スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言うことがころころ変わる羽生選手

また羽生選手の記事が出てる。

「平昌後は未定」言葉足りなかった…羽生が真意
読売新聞 8月11日(火)9時52分配信

 ソチ五輪フィギュアスケート男子金メダリストの羽生結弦(ANA)は読売新聞との国際電話によるインタビューに応じ、6日にトロントで行われた公開練習後に語った、2018年平昌(ピョンチャン)五輪後にプロ転向するという発言について、「小さい頃に描いた将来設計を語っただけで、言葉が足りなかった。平昌後にどうするかは、まだ分からない」と真意を語った。

 羽生は6日の取材で、報道陣に対し「(ソチと平昌で)優勝、優勝で終わり、プロに行く」などと発言した。この発言が「引退表明みたいに受け取られて、とてもびっくりした」と戸惑ったという。「実際は、その時にならないと分からない。平昌後に納得できなかったら、納得するまでやるだろう。具体的に決断した話ではない」と説明した。
.

最終更新:8月11日(火)9時52分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150811-00050018-yom-spo


この人、ちょっと世間が騒ぐと発言をすぐ変えますね。

私は前の話で嫌だと思ったのは、「平昌後にプロになる」ではなくて「優勝、優勝で終わり」といった点です。優勝なんて軽々しく言ってほしくないってところ。出場枠が決まっているんだから、普通は出ることが困難。

オクサナ・バイウルやタラ・リピンスキーなんかは15・16歳で金メダルとって即引退だったのでその気持ちはわかる。羽生選手も金とったのでソチ後即引退でもおかしくなかった。荒川さんも金、即引退だったんだから。

引退後羽生選手が何しようと知ったことではない。コーチでもプロでも本人がやりたくて、需要があればすればいいだけ。

それをどうして撤回するのか意味不明。本当にこの選手の真意はわかりにくいですね。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。