スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐野研二郎の見苦しい言い訳

昨日は妻がデザインは部下がやったことで、佐野氏は監修しただけだと責任逃れの記事が出ていましたが、今日は本人がそのような趣旨の内容を認めたという記事が出ています。

佐野氏謝罪「スタッフが第三者デザイン写す」 景品問題
朝日新聞デジタル 8月15日(土)0時17分配信

 2020年東京五輪・パラリンピックのエンブレムを手掛けた佐野研二郎氏がデザインを監修したサントリービールの景品が発送中止になった問題で、佐野氏は14日、スタッフが第三者のデザインを写して使ったことを明らかにし、謝罪した。代表を務める事務所のホームページで声明を出した。

 佐野氏は「第三者のものと思われるデザインをトレースし、そのまま使用するということ自体が、デザイナーとして決してあってはならない」とし、社内の連絡体制やスタッフ教育が不十分だったと認めた。サントリーには佐野氏からデザインの取り下げを伝えた。

 ただ、東京五輪のエンブレムはスタッフとの共同制作でなく、個人応募だったと強調。ベルギーの劇場のロゴマークとの類似が指摘されているが、改めて盗用を否定した。

 20年大会組織委員会は「(景品のデザイン問題は)他社の案件で組織委とは無関係である。エンブレムについては、問題は全くないとする立場に変わりはない」との考えを示した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150815-00000001-asahi-spo&pos=3



この人、自分で応募したと言っていますが、今までの作品を見ると、子どものお絵かきレベルでびっくりしました。

山形の「つや姫」のマークはひどい。これは2009年当時、お米関係者からも不評だったようです。

つや姫

これ、話によると候補は3つあってどれを選んでいいのかわからないレベルだったそうですよ。

オリンピック委員会はさっさとエンブレムを取り下げない理由の方が聞きたいわ。

これほどまでに怪しいデザインを使いたいには何か理由があるのでしょうけど、ごねまくっている連中がいるんでしょうね。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。