スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国民必見の映画「日本のいちばん長い日」

原田真人監督の「日本のいちばん長い日」が公開されて一週間が経ちましたが、興行的にも好調のようですね。

残念ながら私の町では上映されていません。8月下旬に公開になるのでそうなったら行こうと思います。

それなのに記事のタイトルが「国民必見の映画『日本のいちばん長い日』」になっているのが不思議に思う方もいらっしゃるでしょう。

実は私、昨日岡本喜八監督作品の「日本のいちばん長い日」を見たのです。BSプレミアムで放送された番組を録画していたのでした。まさに終戦の日にふさわしい時間の過ごし方だと、われながら感心しています。

2時間40分の長い映画ですが、あっという間でした。それほどに入りこんでしまいました。

この映画を見なければ、ポツダム宣言を受諾するまでにこんな困難があった事実を私をはじめ国民のほとんどは知らないままだったでしょう。

岡本作品は1967年に制作されています。まあ、そのキャストは豪華。オールスターキャストとはこういうことをいうんだと思いました。男、男、男。女優は新珠美千代以外出てきません。

阿南陸軍大臣には三船敏郎。(リメイク版は役所広司)
鈴木貫太郎首相には笠智衆。(リメイク版は山崎努)
畑中少佐を黒沢年男。(リメイク版は松坂桃李)
ナレーションは仲代達也。
天皇陛下がはっきりとは映らず、エンドロールにさえ名前が入り込んでいません。後で調べると、天皇陛下役は八代目松本幸四郎だそうです。

制作年は戦後22年、天皇陛下はじめ登場人物の多くが存命中なのによく描いたなあと思います。

物語は主に宮城事件を中心に描かれていました。あんなに犠牲を払ったのに、戦争を終わらせたくなかった一部の陸軍将校がクーデターを起こそうとしていたなんて・・・・・。
玉音放送さえ危うかったこの事件がもし成功していたら、と思うと本当にぞっとしました。

終戦の日を知りながら、若い兵士を戦場に送り出す無情な上司。
武器を持つと人間はこうも間違った使い方をするものなのか、軍隊の教育とは何だったのか、今更ながら思い知らされます。

やはり戦争は日本にとって犠牲が大きすぎました。

監督の主張はあくまで「戦争反対」ですね。

新旧両方見た人の情報によれば、リメイク版にはリメイク版ならではの良さがあるそうです。だから、リメイク版も見ておきたくなりました。

これは国民必見の映画だと思います。







スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。