スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やはりナイアガラは巨大だった -北米2日目ー

二日目は世界3大瀑布の一つ、ナイアガラフォールズに行く日です。
ユニオン駅からナイアガラ直通の便は一日に2便しかありません。午前中は8時20分発のみです。

観光に来ると、時間いっぱい活動しようとします。この日も早朝5時からセントローレンス・マーケットが開いているというので行ってみようということになりました。翌日曜日は定休日なので行くとしたら、今しかありません。

P8220562.jpg
途中、「ホッケーの殿堂」の前を通ります。

P8220563.jpg

P8220564.jpg
ここは本当に地元の人が来ているって感じ。肉や野菜、花にパンなどが売られています。ここで、カラフルなミニトマトを買いました。

ユニオン駅に8時前には着きましたが、乗客で長蛇の列になっていました。乗車券とパスポートのチェックがありました。

この列車は実はNY行きなのです。
P8220565.jpg


ナイアガラフォールズまで行く人は列車の前の方に乗るように指示されました。約1時間40分で到着。

P8220569.jpg

駅からタクシーでテーブル・ロックと言う場所へ。
P8230592.jpg
ここから滝に沿って遊歩道が続きます。

P8220577.jpg

IMG_9747_convert_20150905142638.jpg

滝の流れに吸い込まれそうになります。
P8230583.jpg
水しぶきがすごくて、雨に打たれるような状況になります。
P8230593.jpg
カナダ側は圧巻の一言。
P8230590.jpg

「ホーンブロワー・ナイアガラクルーズ」(旧名「霧の乙女号」)に乗ります。赤と青の船が見えますが、赤の方がカナダ側から出ている船です。これには絶対乗った方がいいです。日本でネット予約できますが、我々は予約していなかったのでチケット売り場で結構並びました。

P8230601.jpgP8230602.jpg
ポンチョが配られ、乗船します。びしょびしょになりますが、あえてポンチョを着ない人もちらほら。

P8230609.jpg

アメリカ側の滝も近づくと迫力ありますね。
後でまた思ったのですが、トロント空港からナイアガラフォールズまで来て、泊まれば良かったと思いました。夜はライトアップされてこれまた美しいようです。

P8230613.jpg
橋の中央が国境になっています。ここを抜けるにはパスポートが必要です。
P8230612.jpg

ナイアガラの街は正に観光地。公園はきれいに手入れされていて、街はハリウッドそっくり。
P8230614.jpg

P8230616.jpgP8230617.jpg
IMG_9877_convert_20150905142837.jpg


帰りはコーチバスで帰りました。(これも日本でネット予約できます)
トロントの街に入ると、本当にいい街だと実感します。

P8230620.jpgP8230625.jpg
オンタリオ湖はまるで海。           スタジアムもあって・・・

P8230622.jpgP8230624.jpg
自転車(モトクロス)の練習場所があったり、期間限定の遊園地があったり、まあ、本当にいい街。

コーチバスのターミナル近くに小奇麗なショッピングセンターがあって、中に「レッド・ロブスター」という店があります。ここって、チェーン店なんですってね。NYのホテルの近くにもありました。さらに驚いたのは、日本にもあるということ。知りませんでした。

P8230634.jpg

P8230630.jpgP8230631.jpg

この日は贅沢に活ロブスターとエビ・カニ・ロブスターのプレート。それぞれにシーザーサラダとスコーンがついて来るのでまたまた全部食べられず、ドギーバッグに入れてもらいました。

これでおしまいかと思いきや、娘のリクエストでトロント・イートン・センターというショッピングモールに入って、九時半までうろうろとしたのでした。













スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。