スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京五輪エンブレム問題

旅行記の途中ですが、エンブレム問題について思うことを書いておきたいと思います。

私が北米から帰国した時、羽田の通路に佐野氏のエンブレムがでかでかと貼られていて、「ああ、まだこれ撤回されてないんだな」とがっかりしました。

大体、佐野氏のエンブレムがこれだけ騒がれたのは、招致エンブレムより優れたものではなかったからではないでしょうか。

もし魅力的なものであれば、いちいちネット民も検索したでしょうかね。

招致エンブレムを使うものだと思っていた私は、佐野氏の作品のどこがいいのかわかりませんでした。

だから、この白紙撤回が決まった時には嬉しかったですよ。

官邸にもどうにか招致エンブレムを使えないものかと直訴しましたが、一昨日使えないことがわかり、これはがっかり材料ですね。

招致エンブレムより優れたものでないと国民は納得しないのではないでしょうか。

それと、最初のコンペで出された佐野氏以外のデザインは全く公開されていませんが、これは絶対に怪しいですよね。実際は佐野案以上のものがあったんじゃないですか。

五輪総長が1位と2位の差がすごいとおっしゃいましたが、佐野氏の原案を見てどこが素晴らしいのか理解できません。

誰でも描けそうな感じが賛同されない理由でしょう。

原案や展開例の公開が墓穴を掘った原因ですが、これがなかったら今も使う方針には変わりなかったんでしょうね。

都の職員も羽田の職員さんも貼ったり剥がしたり大変ですね。


あと白紙撤回してほしいのはボランティアのユニフォーム。ネットでも韓国の服に似ていると話題ですが・・・。

東京五輪おもてなし服

本当にプロがデザインしたのか?ってレベルですよね。一般人でももっといいのが考えられるわ。


舛添都知事は自分に責任があるって全く言いませんね。
あれだけ、佐野氏のエンブレムの使用は問題なしって強調し、センセーショナルなエンブレムの発表会までしたくせに。あの費用も7000万だって聞いたけど、聞き間違いかな。

猪瀬さんの方がやはりよかったわ。





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。