スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グランドセントラル、チェルシー、そしてジャズ ー北米7日目ー

この日はグランドセントラル・ターミナル、チェルシーに出かけることになりました。

グランドセンントラルには42stから出ているシャトルに乗って行きました。
P8270982.jpgP8270983.jpg

地下鉄を降りればそこは正に重厚な歴史的建造物。ここは1913年建造でいったんは取り壊す危機があったそうなのですが、保存が決定し、改修工事を終えて今に至る。

駅を見るためだけに来る観光客もいっぱい。

P8270985.jpgP8270992.jpg

P8270996.jpg
天井には星座が描かれているんですが、映りませんでした。
P8271000.jpg

P8271003.jpg P8270993.jpg

時計もレトロ。何気ないところの装飾も見事。

玄関の彫刻はこれまた素晴らしい!!

P8271007.jpg

P8271006.jpg

駅周辺にも素晴らしい建物がありました。

お向かいのビル。
IMG_0504_convert_20150908125529.jpg

クライスラービル。

P8271013.jpg

次に向かったのはハイライン。ここは高架の後を利用した公園になっています。

P8271020.jpg

P8271022.jpgP8271027.jpg

P8271024.jpgP8271026.jpg

P8271025.jpg
マンハッタン島を描いた作品。

P8271023.jpg
壁画を発見。

ハイラインからチェルシーの通りを望む。
IMG_0514_convert_20150905142042.jpg

結構長い距離なので端から端まで行くと疲れます。

チェルシーマーケットに行くことにしました。ここもナビスコの工場跡を利用した商業施設で、観光スポットになっています。

P8271029.jpgP8271032.jpg
観光客でごった返しています。トイレは長蛇の列でした。

P8271033.jpg

真ん中ほどにきれいな場所があります。

テレビでも取り上げられていたシーフードの店なんですが、好きな魚介をこの場で調理してくれます。

私たちはカナダでロブスターを食べたにもかかわらず、みんなが食べているのを見たら、食べたくなりました。
P8271030.jpg

調理後は立ち食いです。とにかく混んでいるときには食べる場所がありません。

近くにスープの店がありますが、試飲させてくれます。その試飲の量が結構多くてそれだけで満足します。自分でカップに注いでレジでの精算なので、なみなみついでも同じ値段です。

夜は6時にディジーズ・クラブ。セントラル・パークのコロンバスサークルの前のビルに入っています。
P8271034.jpg

P8271035.jpg
このおしゃれなビルの5階がそうなんですが、客層がセレブ。

IMG_0551_convert_20150905142420.jpg

P8271039.jpgP8271041.jpg

食べ物や飲み物は値段が高いです。しかもカウンター席は飲食しにくい。7時半に演奏が始まりますが、それまでに注文しなくてはいけません。学割ありと聞いていましたが、係の女の子が適用してくれませんでした。予約時に言っておかなけらばならなかったのでしょうか。

IMG_0564_convert_20150908122940.jpg




主人は黒人のスタンダードジャズを望んでいたので、ここの演奏は好みでなかった。

その後、地下鉄内で自主演奏していた黒人のを聞いて「こっちの方がいい」だって。
































スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。