スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラグナシアでイルミ三昧

名古屋二日目はトヨタ産業技術記念館に続いて、名古屋城、そして熱田神宮に行きました。

ただし、名古屋城は周辺をぐるぐる。金の鯱は下から見ても光っていました。

PC241306.jpg

続いて熱田神宮。ナビを頼っていきましたが、駐車場がわかりにくかったです。駐車料金は不要です。

PC241309.jpg
PC241307.jpg

PC241312.jpg
この看板を見て、前の岩に清水をかけました。願いが叶うといいですが・・・。

PC241311.jpg

熱田神宮は意外と狭かったです。つまりコンパクトに参拝できるというメリットがあります。

名古屋観光はここで終わり。

さて、次に向かったのは蒲郡市。名古屋から1時間ほどということでしたが、高速に乗らず一般道で行きました。これが正解でした。
高速で行くのとさほど時間は変わりませんでした。

どうして蒲郡に行こうかと思ったか、それはラグナシアに行きたかったから。
東海地方のイルミランキングで一位だったからです。これが私のミーハーなところ。ランキングも怪しい時代なのにね。

じゃらんで蒲郡クラシックホテルのツインルームがラグナシア入場券付朝食付きのプランで11600円というのを予約していました。

ラグナシアはHISがテコ入れしたラグーナテンボスの施設でプロジェクションマッピングが評判のテーマパーク。
例年この時期はカップルや家族連れで大賑わいするそうで、特に23日は駐車場が混んで最悪だそうなんです。私たちが行った日は24日でしたが、駐車場からなかなか出られないということだったので、シャトルバスで行くことも考えました。

ホテルのスタッフに相談すると、シャトルバスは長蛇の列になり積み残しがかなりあるということを教えてくれました。だから予定通りに車で現地に向かいました。これも正解。出るときのシャトルバスに並ぶ人の数はアトラクションでも見られないほどの行列。

17時以降はフリーパスが1000円で購入できます。その時間より早く着いたこともあり購入せず。実際にはショーだけでも見るものがたくさんあって、入場券のみで十分楽しめました。

PC241314.jpg

PC241315.jpg
着ぐるみを着た人たちが踊ってから、点灯式がありました。

PC241323.jpg

イルミネーションが本当にきれい。

ルミナリエのようなところもあります。
PC241324.jpg

PC241329.jpg
カップルはここで自撮りしていました。

プロジェクション・マッピングも3種類ありました。私はちょっと怖い「ダーガイスト」が気に入りました。

ウォーターマッピングは有料の席を販売していましたが、間近に見たい人でなければ十分見ることができます。

詳しくはこちらでご覧くださいね。
http://www.lagunatenbosch.co.jp/lagunasia/index.html
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。