スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

格式高い蒲郡クラシックホテル

ラグナシアに行くために泊まった蒲郡クラシックホテル。たたずまいは奈良ホテルや富士屋ホテルを彷彿とさせます。

ここのホテルはかつてプリンスホテルとして営業していましたが、今は呉竹グループのホテルとして営業されています。こういったクラシカルなホテルに宿泊するのは初めてです。こんな安い値段で泊まることができるなんて!

ここは高台の上に建っています。正面付近から撮った姿。

PC251336.jpg

鉄板焼きが楽しめる六角堂。紅葉の季節にはもみじが美しかったでしょうね。葉っぱが池に浮かんでいました。
PC251360.jpg

本館の入り口に近代化産業遺産のプレートが飾られています。
PC251361.jpg

2階からロビーを見下ろしたところ。
PC251369.jpg

クラシカルなエレベーター。
PC251367.jpg

早朝はテラスでコーヒーのサービスがあり、竹島を眺めることができます。
PC251331.jpg

テラスはこんな感じ。
PC251334.jpg

テラスから見える竹島、橋でつながっています。部屋からも同じ景色が見えました。
PC251330.jpg

朝食会場です。私たちは運が良く、3組しか座れない窓際の席に座ることができました。
PC251370.jpg

朝食は洋食・和食を選択できます。
サラダの盛りつけが上品。
PC251362.jpg

パンはミカンのパン、トースト、デニッシュ。バターとHEROのジャムがつきます。
PC251364.jpg

卵料理はスクランブル・エッグ、オムレツ、目玉焼きからの選択できます。ここはコックさんの腕が発揮されるオムレツを選択。
PC251365.jpg

主人は和食を選択。
PC251363.jpg

老舗だけあって上品さが感じられる朝食でした。

このようなホテルはいつまでも残ってほしいホテルですね。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。