スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

島根旅行記③

西ノ島の宿は民宿 福来朗(ふくろう)。

1泊2食付きで7560円でした。
この日は私たち以外に2組泊まっていました。

お風呂とトイレと洗面所は共同で、お風呂は個人の家のものと同じなので順番に入りました。

さて、お待ちかねの夕食です。
P3271504.jpg
刺身の中にはサザエもありました。
P3271505.jpg
ハマチのような刺身をしゃぶしゃぶ。レンコ鯛の煮つけ。
P3271506.jpg
貝を甘辛く煮たのや、モズク、この後に鯵のフライが出てきました。貝の向こうの器の中にはそばが入っていました。

残さないで食べて満腹。

翌日は早々に引き上げて、街中を散策。
レトロな感じの家を発見。
P3281507.jpg
役場周辺です。ここが町の中心です。
P3281508.jpg

別府港には水木しげるさんがここに来たことを記念するオブジェが。
P3281510.jpg

P3281509.jpg

船のチケットは3時からの発売だったのでレンタサイクルを借りることにしました。2時間で800円。アシスト付の方にしましたが、今までそんなの乗ったことがありません。200円の保険に加入しました。二人だったので、散策の地図を一部でいいと言ったら100円引いてくれました。だから二人で1900円。

しかもラッキーなことにこの日に団体客が来たので西ノ島ふるさと館を臨時で開けているというのです。黒木御所の宝物館も。
しかし、私たちは黒木御所には前日行っていたので、そちらには行きませんでした。

その前に昼食をとることに。岩がきを食べたいと港前にある寿司屋に行くとないということで、紹介されたのがコンセーユ。

P3281518.jpg
幟が立っていたら、開店している証だそうです。
P3281517.jpg
地元の方がいっぱい。カレーを注文している人が多かったです。
これが岩ガキ。

P3281514.jpg
前日の夕食に出ていたアジフライが美味だったのでここでもアジフライ定食を注文。半端ない量のタルタルソース。
P3281513.jpg
この店に2年前に大物俳優が訪問されていました。
P3281516.jpg

玉木宏のお父様が西ノ島出身だそうです。ほかに田中美佐子さんの写真もありました。彼女は西ノ島出身で、ここのママさんと同級生なんだって。

ここでもおなか一杯になり、これは自転車で走りまくってカロリー消費しないといけません。

海岸を走っていると、見付島(みつけじま)が見えました。
P3281519.jpg

最初、普通の自転車にするかアシストついにするか迷いましたが、アシスト付きで正解。結構アップダウンがあります。

海水浴場の方に行くと、海の水がまあきれいだこと!!
P3281521.jpg
引きかえして今度は別府港の東の方を走ります。

三位局屋形跡という史跡に立ち寄りました。

P3281524.jpg
ちょっと気の毒なのはこの周辺の竹林が全く手入れされていなかったことです。
P3281523.jpg


そして、島の東の果て、宇賀の方に向かうと、この様な絶景が!!
P3281529.jpg
道を上って視界が広がると、海の向こうに島が見えました。
これは三郎岩と名付けられているもので、三つ岩が連なっています。

P3281531.jpg

P3281532.jpg

絶景を最後の最後まで堪能しましたが、やはり観光船に乗りたかったね。4月からの運航なので、これから行く人は絶対に乗るべき。








スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。