スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

島根旅行記④

西ノ島の観光を終え、再び松江市の方へやっていました。船が七類港に着いたのか午後6時前。そこから玉造温泉に向かいます。

私たちの宿はホテル玉泉。

P3291569.jpg

立派な建物です。しかし、見てください。外壁工事をしています。そこが私たちの部屋のあるところ。
Yahoo!トラベルでこの訳あり物件を見つけました。何と、一泊朝食付きで5000円。しかも、5000円のクーポンを手に入れていたので、二人で5000円!!しかし、実際には入湯税が一人150円必要だったので二人で5300円でした。

入り口付近には冷蔵庫も備え付け。旅館らしく地元のお菓子が置いてありました。
P3281539.jpg  P3281537.jpg
P3281538.jpg  P3281536.jpg
元々窓の外の景色は悪いので、足場があっても全く問題なし。その日は工事をしておらず、騒音は一切なし。

夕食はホテルに隣接している「若竹ずし」に行きました。あらかじめトリップアドバイザーで調べていたのですが、満員で待ってくれと言われました。しかし、名前を書く紙はなく、客の良心に任せての順番待ち。知らなかったのですが、カウンターとテーブルが二つしかありません。その後も続々客が来ますが、中に入れる様子は一切なし。私たちは約1時間待ちました。これ、紙くらいは」用意した方がいいと思いました。

外が寒かったので、熱燗を注文。そして並海鮮丼。大体の方がプレミアム海鮮丼を注文しています。並みでも十分美味しいです。
ここでも写真を撮るのを忘れています。
若竹寿しの食べログの記事

最初から予約を入れておくほうがいいお店ですね。

9時過ぎから安来節などの演芸が一階の広場で披露されるということで、ちょっと焦りましたが間に合いました。
P3281533.jpg   P3281534.jpg
こういう芸をする若い人はいないのでしょうか。出演者は全て高齢者でした。これは後継者を作っとかないといけませんね。

朝5時から風呂が開いているということで、5時過ぎに行ったら結構な数の人がいました。

朝食前に温泉街の散策。
川を挟んで温泉の通りができています。無料の足湯もありました。
P3291565.jpg

P3291563.jpg
源泉です。
P3291547.jpg

P3291542.jpg

通りのあちこちに神様のオブジェと神話が並んで立っています。
P3291543.jpg  P3291544.jpg

温泉街の先にはこんなものが・・・。

P3291556.jpg
町内会の看板に思わず笑ってしまいました。
P3291557.jpg  P3291558.jpg

玉造温泉の観光はここで終了。







スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。