スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々の台湾③

台湾3日目。

この日は私の行ったことのない十分。
そこで天燈上げ体験をします。

CIMG0064.jpg

4人がそれぞれの天燈の一面に願い事を書きます。
CIMG0066.jpg

四隅を持ったら、中に火をともし、せーので手を離します。
CIMG0068.jpg

その後、平渓線というローカル線に乗って瑞芳駅に向かいます。
CIMG0072.jpg

CIMG0076.jpg

CIMG0082.jpg


出発前の天気予報では4日とも雨となっていましたが、2日連続いい天気でした。
しかし、瑞芳駅に着くころには雨模様。
CIMG0087.jpg
ここでまたバスに乗り換えて九分方面に行きます。

まず、向かったのは黄金博物館。かつてここで金の採掘がされていたということで博物館には金塊がありました。
CIMG0089.jpg

CIMG0094.jpg

その後、九分に行きますが、またまたすごい込み具合でびっくり。

10年前九分に来た時には基隆からバスに乗って行きましたが、全く混んでいませんでした。時の経過とともに観光客の数がすごいことになっています。はっきり言ってそんなに大した場所ではないけどね・・・。

私たちは先に昼食。エビ蒸しで有名な「九戸茶語」。

CIMG0098.jpg

CIMG0099.jpg


エビは一人2尾です。
CIMG0101.jpg

所謂九分散策の時間です。時間は約40分。幸い、雨は止んでいました。

階段の下から例の「千と千尋の神隠し」「悲情城市」の舞台の説明を受け、その後両脇の商店街を歩きます。

CIMG0103.jpg

CIMG0106.jpg
CIMG0105.jpg
有名な阿妹茶楼ですが、一度も中に入ったことがありません。
10年前に比べて混んでで歩くのが大変です。どこに行っても中国人観光客。

細い道の両脇は商店が立ち並んでいます。
鶏肉が丸ごとつりさげられています。
CIMG0109.jpg

現地係員の人が「九分は湿度が高いので、パイナップルケーキは買ってはダメ」と言いました。
しかし、10年前に買って美味しかった張師傳餅店でパイナップルケーキを2箱買いました1箱350元。
CIMG0205.jpg

CIMG0206.jpg

タロイモケーキも一個だけ買いましたが、卵入りとそうでないのがあってどちらにするか聞かれて「卵入り」にしたのですが、失敗。中にゆで卵のような本物の卵が入っていてそこが硬かったです。10年前に来てそのおいしさに唸ったタロイモケーキでしたが、ここでも昔の味を味わうことができませんでした。

この日は盛りだくさんだったので、後半は次の記事に書きます。










スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。